FC2ブログ

2016-11

多様性とか平等とか排他的とか差別とかグローバルとかローカルとか - 2016.11.16 Wed

とりとめなく思ったことをtwitterでつぶやいて
つぶやいた自分が一番しっくりきたりすることってある。
だけどツイッタだとあまりにもどんどこ流れて行っちゃって
忘れちゃうし思い出す機会もないので
覚えているうちに、とりとめのないままここへ。

昔からケンカ腰だったり、排他的な感じが嫌いです。
上から目線で自分の意見を押し付けてくるのも嫌い。
そうされると、私は絶対押し黙る。
「喧嘩じゃなくて、議論したいだけ」
とか
「別にあなたを否定してるわけじゃなくて議論したいだけ」
とかも、苦手。
だって、議論する理由ってなによ。
わかってもらいたいんでしょ。自分を。
結局は自分の意見で押し通そうとしてるんでしょ。
もし私が押し通されたくない場合は
「そうなんだーそういう意見もあるよねー」
っていうだけでしょ。そのために労力使いたくない。

多様性を認めるべきだと声高に叫ぶその人が
様々な平等をあちこちでそれらしく訴えるあの人が
果たして、自分(達)以外の多様性を本当に認めてるのか?
本当に、みんなを平等だと思ってるのか??
と、疑問に思ってしまう。

多様性って・・・。
みんな違ってみんないいってことでしょ。
みんな違って、いいんだよ。
だから、
「多様性を認められません!」って言ってる人の
多様性だって認めなくちゃおかしいでしょ。

排他的に、人を否定するような論調は
どれだけ正しいことを言っていても
どれだけ立派な人であっても
苦手。矛盾してると思うから。

********

イギリスのEU離脱やトランプ勝利で
こっちに来てから思ってきた「差別」について
また思う日々。
オーストラリアに来てから、差別的な扱いを受けたことはない。
だけど、日本とはあまりにも違うこの多民族の環境で
「本当の意味での差別という意識」について
日本を出て初めて考えるようになったのも事実。
自分が完全なるマイノリティであるという意識は
自分が今までどれだけ「差別意識」を持っていたのかを
気づかせてくれた。

「日本人だから」「中国人だから」「オージーだから」
そんな風に私は、見てることに気づいた。
日本人だって、日本国内にいたって
日本人同士で服装や住んでる場所でみんな差別してる。

だからこそ、私は差別をなくしたいと思うし
せめて自分だけは、差別的な意見や視線、意識をなくしたい。

自由でいいはず。

私は前職を辞めた時点で
「よりローカルに生きていたい」
「狭い世界できちんと対価のある仕事をして
仕事も暮らしも境界線があいまいな暮らしがしたい」
と思ってきたのに、気づけはこんな「グローバル」な真っ只中。。。

私が「ローカルに生きたい」と願い、そのように進むことは
私の自由であるように
「グローバルに生きたい」と願い、そのように進むことも自由。

肌の色や宗教、どんな環境で育ってきても
何を考え、願い、自らの力で進むのは「自由」であってほしい。

排他的な意見が嫌いなのも「自由を奪われてる」って
感じるからなのかもなぁ。


はたして。


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

MOTENASU

Author:MOTENASU
色々と変遷をへて、日々の思いをたまに更新する場となっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
しごと (33)
かまくら (12)
おんがく (0)
こども (2)
くらし (10)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR