FC2ブログ

2021-04

海外暮らしで気づいたこと01「初対面の他人への親切」 - 2016.08.18 Thu

fc2の設定が変わりすぎててイライラしております。
自分のブログを書くのにこんなに苦労させるってどういうこと。


気をとりなおして。

オーストラリアに移住して1年が過ぎた。
とはいえ、長男は日本人学校だし次男は無所属だし
英語ペラペラ、現地のお友達たくさんて、なんてことはないのですが。

それでも1年も暮らせば、色々と日本との違い、いいなぁと思うこと
新しく気付かされたことなどたくさんある。

小さな日々の気づきは、本当に小さくて
毎日の暮らしに追われているとすぐに忘れてしまうし
なんだかモヤモヤと感じたことをしっかりまとめて
どこかに記しておきたい、なんて思っても
結局はまとまらず、時間もなく、忘れてしまう。
ということが多々あって。
誰に伝えたい訳ではなく、いずれ自分が読み返したり
何かのタイミングで自分を助けることになるかもしれないと思い
ほんのちょっとした気づきを、まとめずに記していこうと思う。

fbは秩序がありすぎるし、意見がたくさん寄せられずぎる。
twitterはもっとくだらない、どうでもいいことをつぶやく場。
instagramは残しておきたい風景や気持ちを直感的にどんどん上げていくもの。

どっちにしろ、反応が多すぎて気楽に書けない。
なので、このブログで。

今日は「初対面の他人への親切」について。

昨日いつものように長男の学校からおチビをベビーカーに乗せて歩いて帰っている時に、後ろから電話で話しながら歩いてくる人の足音が聞こえた。歩道はさほど広くないものの、歩道の倍以上の幅の芝生が車道との間にあるので、長男に声をかけて、芝生の上を歩くように伝え、自分もベビーカーごと芝生の上を歩いた。
すると、後ろからその人が抜かしていく時に電話を一度耳からはずして、私の目をしっかりと見てすごい笑顔で「Thank you!」と言いました。
これは特別な出来事ではなく、普通です。いつもの光景。別に道を譲ってあげなくても、すれ違いざまに目を合わせてニッコリしたり、挨拶をしたりするのは普通。いかにも今時の若い男の子でも、長男やおチビに声をかけてくれたり、トラムで席や道を譲ってくれる。みんなやる。

すごく嬉しいよ。すごく気持ちがいいよ。

これって、なんなんだろう?日本、というはとりあえず私が住んでいたあたりではありえないと思う。

確かに、こちらは土地が広々している上に人口が少なく人が密集してないからか、ものすごい車社会だからか、歩いている人の数やすれ違う人の割合が全然違う。ほとんど人は歩いてない。だからか?

先日、どこかのSNSで「他人に無関心でいる事が自分を守るような時代」という意見を目にした。

確かに、わかる気がする。そういう雰囲気だった。なるべく知らない人と関わらないように。見て見ぬふりをしてやり過ごすスキルこそ、大事、みたいな。実際日本ですれ違いざま知らない人にニッコリ微笑んだり挨拶したら、怪訝な顔でみられると思うし、子供にそんなことしたら逃げられるかもね。笑。

その代わり、学校や職場、ママ友などの知っている人には、気を使って、使って、使いまくって。
空気読んで、行間読んで、思いやりと、適度な距離感と。
とりあえず同調して、なるべく自分の意見は言わないようにしておくことが無難。
でも助け合って、考えて、そっとして、だけど突き放さず・・・難しい。

そんな難しいこと、そりゃできませんわ。他人にまで。

例えば、先日トラムを待っていたら、若い女性に自分が食べていたポテトチップスを「食べる?」と差し出されたおチビ。乗ったトラムが少し混んでいたら「ここに座って」と席を譲ってくれたお兄さん。そして、その席に行くために移動する道を開けてくれるガタイの良い黒人さん。席におチビを座らせてくれる白人のおばあさん。

とっても嬉しかった。

だけど、これ、日本ではだれもやらないよね。それは・・・
ポテチの件→「余計なものをあげちゃ悪いかな・・」
席を譲る件→「すぐに降りるためにドアの近くにいるのかな・・」
席に座らせてくれる件→「勝手に触ったり抱っこしたら嫌かな・・」
などの、気遣い。そんなこと考えてたら、そらできませんわ。

多分、こっちの人はそんなこと、全く考えてない。
良くも悪くも、みんな本当にテキトー。だから、瞬間的にこういう事してくれるし、もし何か不都合があれば断れば良いし、断っても、断られても誰も気にしない。

誤解を恐れず書くなら、みんな単純。

単純な人々が集まる単純な社会。

そんな印象。

単純でいる事って、すごくハッピー。

幸せて楽な気持ちでいられるかどうかは、周りにいる人次第な事件ももちろんあるんだけど(えぇ、ありますよ。ありますとも、知ってます)、それでもほとんどの事は自分の気の持ちよう次第。
複雑に物事を捉えて、難しく考えても、別に良いけど、簡単に単純に考えても良いわけで。
どちらを選ぶかは、自分次第。

そんな事を気付かされるのです。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

海外暮らしで気づいたこと02「安心して暮らすこと」 «  | BLOG TOP |  » イマココ

プロフィール

MOTENASU

Author:MOTENASU
色々と変遷をへて、日々の思いをたまに更新する場となっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
しごと (33)
かまくら (12)
おんがく (0)
こども (2)
くらし (10)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR